日语论文答辩自述

  尊敬する先生の皆様、こんにちは。私は。。。と申します。どうぞよろしくお願いいたします。私の卒論のテーマは「中国語と日本語の流行語について」です。この論文はテーマの選択から書きあがるまで大勢の人とたくさんの書類から貴重なアドバイスを得ました。特に馬先生の指導の下で、順調に完成できました。ここに先生に深い感謝の意を表したいです。それにほかの先生が忙しいところを私の論文の答弁に参加して心から感謝しております。

  では、論文の内容を報告させていただきます。 まずはこの卒論の研究背景について。流行文化の発達に従い、流行語は雨後のタケノコのように生活の各方面にしみこんできました。今や、中国人と日本人の言語生活において、大切な役割を演じています。中国語と日本語の流行語の機能は様々な様相を呈し、特徴にも違う所があります。本稿はこれらを背景に現代中国語と日本語における流行語を対象に展開されたのです。

  次に、研究の意義です。よく耳につく流行語はどんな機能を持っているか、どんな特徴を持っているか、社会の発展とどんなつながりがあるかなどについての研究は言語学習者のとって非常に大切だと思います。 報告の重要な部分は論文の構成です。論文は六つの部分からなっています。流行語の定義、機能、日本語と中国語の流行語の特徴、それから両国の特徴の比較について、最後は流行語の発展動向に関する内容です。

  流行語の定義については、広辞苑、国語学大辞書、日漢大辞書、中国の百度百科などの資料を参考し、まとめてみると、流行語は大体一定の時期にその時代に適応し、世態を反映し、流行している言葉という意味です。 資料に基づいて、流行語の機能を以下のようにまとめました。その一は社会ホットスポットに注目を集める機能です。例えば、1986年によく耳につく流行語になんだか分からないという言葉がありました。この言葉によって表現されるのは当時の人々は突然に訪れてくる経済の高度発展期とそれによって手に入ってきた手厚い利潤に直面すると、非常に興奮しているのにどうしたらよいか分からない気持ちでした。その二は啓示機能です。例えば、「粗大ゴミ」、医療被爆、ハッカーなど、人々にいろいろな社会問題が啓示され、人々にそれを注意させるのです。その三と四は縮略機能と修辞機能です。例えば、成人する、頭が納豆などの表現から分かります。

  では国別で流行語の特徴を見ましょう。日本語の流行語は意味の曖昧な所が多いです。曖昧性は日本語の特性で、自分の意見を相手に伝えようとする一方、相手の感情を傷つけたりしないように、既成の言葉をわざと避け、他の言い回しで代替する場合が多い。 そして、省略語も多いです。例えば、「元カレ」、「DSI」。語を短縮して話し手の労力を省くために、省略好きの日本人は日常生活で頻繁に省略語を使用します。 もう一つは片仮名、ローマ字、小文字と文字混用が多いです。

  中国語の流行語の特徴を見てみよう。意味の簡単化、表面化、具体化という特徴です。ここの例は「囧,给力」。もう一つは強い派生力を持つ。誕生してから強い伝染力を持つ流行語は媒介物を通じてコポーされたり、変異されたり、全国にわたって広がることが多いです。 例えば、「哥~不是~,是寂寞」というパターンが流行し、次々と改造されたフレーズが生まれました。例えば、「哥愛的不是你,是寂寞」(愛しているのはあなたじゃねえ、寂しさだ)。

  最も重要な部分は両国の流行語の特徴の比較です。相通点は前に述べた特徴を踏まえまとめたもので、詳しい内容はパスにしましたが、重点を相違点に置きます。

  第一に、創造ルート上。中国の流行語の出現するルートはいくつか考えられる。大部分の流行語はマスメディアから作られてます。例えば、人気ドラマ「裸婚时代」から「裸婚」という言葉は出現しました。これは何もなし婚という意味で、愛があれば、何もいらないというスタンスの結婚のことを指します。同音異字から生まれる流行語も多い。そして隠喩によって作られる流行語もあります。「自分と関係ない」の代わりに「打酱油」を使うと、ちょっとふざける意味があるので、その言葉は流行しました。 中国の流行語に対して、日本語の流行語の多くはある具体的な事件をきっかけに生まれます。例えば、福田康夫前首相は「私は自分自身を客観に見ることができるんです。あなたとは違うんです」と気色ばんで記者に答え、話題を呼びました。

  第二に、派生力上。中国の大部分の流行語の派生力は強く、場合によって、造語の際はもともとの言語のキーワードしか残さなく、キーワード以外の部分を言い換え使用することができます。日本語の流行語は比較的に長くて、独立性に勝るが、移植性にかなり劣っているので、一を聞いて十を知るほど類推とコピーすることができません。

  ご質問お願いいたします。

浏览次数:  更新时间:2016-02-15 11:52:03
上一篇:大学本科生毕业论文答辩自述
下一篇:数学专业毕业论文答辩问题范文
网友评论《日语论文答辩自述》
Top